遺言・相続業務について

遺言・相続業務について「遺言書を書きたいけれど、どのようにしたら良いのかわからない」

「親が亡くなって相続したけれど、他の相続人とトラブルになって困っている」

「親が借金を残して死亡した。負債を相続したくないけれどどうしたらいいの?」

「生前の財産管理方法について相談したい」

遺言書や遺産相続、財産管理などを適切に行っておかないと、大きなトラブルにつながります。お困りの際には、お気軽に弁護士までご相談下さい。

 

1.遺産相続をスムーズに進めるために必要なこと

遺産相続の場面では、相続人同士がもめてトラブルになってしまうことが多いです。

遺言書の有効性が争われることもありますし、遺産分割協議がまとまらないケースもあります。

遺留分減殺請求が起こったり、ある相続人による遺産の使いこみが問題になったりする場合もみられます。

これらのトラブルを避けて遺産相続をスムーズに進めるには、以下の2つがポイントとなります。

 

1-1.生前の準備

まずは被相続人の生前からしっかり準備しておくことです。たとえば認知症などで判断能力が低下してきたら、後見制度や家族信託の方法などを使って適切な方法で財産管理を行いましょう。

死後の財産処分方法については、本人が元気なうちに遺言書を作成して明らかにしておくべきです。

 

1-2.話合い(遺産分割協議)に臨む態度について

相続人の側にも必要な心構えがあります。それは、お互いに譲り合う気持ちと客観的で冷静な対応です。

遺産相続は親族同士の話し合いになるので、どうしても感情があらわになりやすいです。

寄与分や特別受益を主張されることもありますし、自分が少しでもたくさんの遺産を受けとろうと必死になる人も多いです。

ただ、全員が自分の利益だけをめいっぱい主張していては、話合いが成立しにくいこともあります。立証できない昔の話などは持ち出さず、冷静に客観的に話合いを進めましょう。

 

2.弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

 

2-1.生前の財産管理方法についてアドバイスをもらえる

弁護士は相談者に対し、任意後見制度や法定後見制度など、ケースに応じた財産管理方法についてのアドバイスを行います。これにより、生前の財産管理が適切に行われて、後に遺産使いこみなどのトラブルに発展することを避けられます。

 

2-2.有効な遺言書を作成できる

弁護士がかかわって有効な遺言書を作成しておけば、遺産分割協議が不要になるので相続人たちがトラブルを起こす危険性が低下します。

 

2-3.遺産分割の代理人を依頼できる

遺産分割協議や調停などで相続人同士が争いになってしまっても、弁護士に依頼して解決できます。

 

2-4.遺留分減殺請求のトラブルを解決できる

遺留分減殺請求をしたりされたりするときにも、弁護士が対応すれば請求権者の法的な権利を実現しつつ、スムーズに解決できます。

 

遺産相続において弁護士がお手伝いできることは非常にたくさんあります。お困りごとがあれば、お気軽にご相談下さい。

 

千葉の遺言・相続について

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー